お金を即日で借りるのに立ちはだかる審査

考え事をしている女性

お金を借りようとしている人にとって気掛かりなのが、どんな審査が行われ、いつその結果が分かるのかということです。

 

最近の状況では、ほとんどのカードローン会社でスピード審査を心がけており、早い場合は30分程度で済むことがあります。

 

しかし、銀行系カードローンの場合は審査のハードルが高いので、当日中に結果が出ない所も珍しくありません。低金利を提供することを目指す銀行系では、消費者金融より厳格な基準で審査されてしまう弊害であると言えます。

 

その反面で消費者金融では審査時間もあっという間なので、即日でお金を借りたいときこそメリットを受けられるカードローンです。

 

最短30分審査・無利息・業界最大手のアコム
アコムイメージ
アコムが選ばれる理由

アコムは業界最大手の安心感でダントツ人気。最短30分審査・初めての方は最大30日間無利息といった使いやすさも定評あり。
また、利用者数の多い楽天銀行の口座であれば24時間振り込みOKなので、夜間での振り込み融資についても柔軟な対応をしてくれるのもポイント。

審査 最短30分
融資スピード 最短1時間
金利 3.0〜18.0%(初めての方は最大30日間無利息)
無利息で早いプロミス
プロミスイメージ
プロミスが人気の理由

プロミスもアコム・アイフル同様に初めての方は最大30日間の無利息+融資までの速さがポイント。※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要。
プロミスに独自の「瞬フリ(振込キャッシング)」三井住友銀行かジャパンネット銀行口座を持っていれば、土日祝でも22時までに契約完了すれば24時間振込OKで、人気の高いサービスの1つ。

審査 最短30分
融資スピード 最短1時間
金利 4.5〜17.8%(初めての方は最大30日間無利息)

 

消費者金融と銀行カードローンの賢い使い分け

百万円レベルの高額なお金を借りる場合は、掛かる金利は最重要視すべき部分です。元金が高額なほど、金利の違いが数パーセントであっても利息負担の額が格段に異なってきますからね。

 

高額融資ではなく数十万円程度を借りるときや、即日融資が重要なケースでは、銀行系と比べて金利は高いですが審査スピードの早さがメリットである消費者金融がおすすめです。カードローンを利用する時の用途や目的によって最適な選択をして下さい。

どんな審査が行われるの?

スーツを着ている女性

お金を借りる際にネットでの申し込みを終えると、すぐにそこからカードローン会社のスタッフによる審査が始まるわけではありません。

 

『スコアリング審査→信用情報チェック→在籍確認』というステップで審査を行い、実際に即日融資へと至ります。

 

ただし全てのステップで人の目による審査をしているのではなく、コンピューターを上手に活用して審査回答までの時間を短縮している点が、借りたい時に即日で借りられる利便性に寄与しているのです。

 

最初の関門スコアリング審査

今のカードローン会社の大半で用いられているもので、スコアリングという審査基準によって申込者の返済能力を半自動で判別しています。

 

具体的には申込者の年齢・職業・年収・住宅環境(持ち家、賃貸)という属性情報をスコア(数字)として平準化した基準で表すもので、過去の顧客データと見比べて本当に返済能力を持ち合わせている人物かを判断するものです。

 

スコアリングの例

氏名:御金 無男
年齢:31歳→14ポイント
年収:320万円→23ポイント
職業:サービス業→45ポイント
勤務形態:正社員→87ポイント
勤続年数:9年→65ポイント
住宅環境:賃貸→11ポイント

 

合計:245ポイント

 

この場合、申込者の「御金さん」に245ポイントというスコアが与えられ、これまでの顧客情報の中で同様のスコアの利用者が「適正に利用していたのか?」というデータを参照します。

 

適正に返済できる人(スコア)なのかというボーダーラインを超えることができれば、晴れて次のステップに移っていくのです。

 

こうした半自動審査を用いたことによって最短で審査終了まで30分といった時間短縮効果以外にも、スタッフによる裁量融資が無くなり、その結果として私たちが気軽にお金を借りる環境が整いました。

 

個人信用情報のチェック

スーツを着ている男性

スコアリングに通過した後は、他社からのカードローン状況をチェックされます。

 

信用情報機関のデータをチェックし、どこからいくらの融資を受けているのか、過去の返済遅延や借金整理(任意整理や個人再生など)の問題の有無を調べます。

 

また、総量規制の対象内である安全な貸付かどうか?をチェックすると言う狙いも同時にあります。

 

総量規制というのは自分の年収の1/3以上の金額を超える融資は受けられないという法律で、多重債務者の増加にストップをかけるのがこの法律の目的です。

 

ただしこの総量規制は貸金業法の一環なので、銀行法が管轄の銀行カードローンにおいては、年収の1/3以上の借入を制限する事はありません。(※銀行ならいくらでもお金が借りられる訳ではありませんので、勘違いしないようにして下さい。)

 

従ってこの総量規制によって消費者金融では、そもそも収入の無い専業主婦は借りることが出来なくなりました。収入が無い人の選択肢は、専業主婦でも借入OKと謳っている銀行のみとなります。

 

総量規制の対象となる借入・ならない借入

総量規制に該当するものは、貸金業法内で貸付を行う「クレジットカード会社」と「消費者金融」からの借入のみです。

 

◆除外されるもの
対象外として無視されるもので、住宅ローン・自動車ローン・高額医療費の借り入れなどが該当します。

 

◆例外扱いのもの
総量規制の対象となる借入額ですが、信用力が認められれば例外として扱われます。おまとめローン・配偶者貸付・緊急の医療費の貸付・ビジネスローンなどが該当します。

 

あくまで貸金業法の管轄下の規制なので、銀行からのローンも関係ありませんし、通常のクレジットカードの利用(ショッピング利用)も関係ありません。

 

当然ですが、通称ブラックリストと呼ばれる金融事故情報が掲載されている人は、お金を借りることはできません。

 

また、消費者金融業界には「3件規制」という自主規制があります。これは文字通り、3件以上の金融会社からお金を借りている人は、多重債務となり返済不能になる傾向が高いと判断され、慎重な審査が求められるというものです。

 

信用情報というこれまでの実績(クレジットヒストリー等)をチェックすることで、申込者の適正な返済能力を見極めるのが目的です。

 

お金を借りる為の最終ハードルは在籍確認

オペレーターの女性

申込者が申請した会社に本当に籍を置いているのか?を実際に金融会社が電話をして確認を行うものです。

 

必ず個人の苗字を名乗って電話がかかってくるので、カードローンの審査だとばれてしまう危険性はありませんので安心して下さい。この在籍確認のときにたまたま会社に不在の場合だったとしても、在籍事実を確認するのが目的なのでそれでOKです。

 

「会社へ在籍している=返済能力がある」という安全な融資を裏づける為に、どこでも必ず在籍確認はしています。ただし、返済能力の裏づけの為の在籍確認なので、最近では電話以外での在籍確認でもOKというカードローンも増えてきています。

 

  • 会社が発行している直近の給料明細
  • 会社が発行している源泉徴収票
  • 会社が発行している保険証

 

こうした「会社に属していないともらえない書類」を提出することで、電話での在籍確認の代わりとすることができます。

 

ただし、各社によって書類OKのところや電話での確認が必須のところもあるので、事前に確認しておきましょう。

 

お金を借りる審査についてよくある疑問

正社員以外でも借りれる?

正社員でなくても安定した収入があれば、消費者金融で収入に見合った金額を借りる事は可能です。
アルバイトをしている大学生やパート収入のある主婦などでも、総量規制の範囲内で限度額10万円といった設定で借りている人は大勢います。
ただし、銀行カードローンの場合は審査が厳しい傾向にあるので、正社員以外の方は大手消費者金融で借りる事をお勧めします。

バイトを始めたばかりでも借りれる?

バイトを始めて1ヶ月2ヶ月という場合には、正直厳しいと言えます。ある程度の勤続年数がないと、すぐに職を点々とする(=無収入の期間がある)と判断されてしまうからです。
大まかな目安としては半年〜1年ほどの勤続年数で、大金で無い限りは審査通過の可能性は十分にあります。

審査がゆるいカードローンは本当にありますか?

安定した収入のある20歳以上が申し込み条件で、基本的に審査基準は各社で大差はありません。
しかし「新規貸付率」はカードローンによって多少の差があるのは事実です。これは申込者に対して、どれぐらいの割合で貸付をしているか(=審査に通過したか)という数字で、株主への資料としてIRで公開されているものです。
審査の基準は完全なブラックボックスですが、新規貸付率によってある程度はお金の借りやすさの傾向をつかむことは出来ます。
大手消費者金融で新規貸付率が高いのはアコムです。【参考:アコムのローン・クレジットカード事業】

お金を即日で借りる為の方法別のタイムリミット

時計の画像

お金を借りるのに振込を希望する際、どの銀行口座でも振込融資が可能ですが、即日で借りたい場合には当日中の入金となるタイムリミットに注意して下さい。

 

ほとんどの銀行は平日15時までに振込を終えないと、当日中に入金が反映されません。(平日8:30〜15:00しか振込システムが稼動していない為)

 

逆算をして、申し込みから審査通過までの1時間ほどを見込んで14時頃までには申し込みを済ませましょう。

 

しかし、振込で借りる場合に「カードローンと提携関係にある銀行口座」を利用すると、15時以降でも当日入金されるので非常に便利です。

 

カードローンと提携関係にある銀行口座

アコムの場合

  • 楽天銀行であれば、メンテナンス時間を除いて24時間リアルタイムで入金反映されます。

 

プロミスの場合

  • 三井住友銀行・ジャパンネット銀行であれば、メンテナンス時間を除いて24時間リアルタイムで入金反映されます。

 

平日15時を過ぎた・上記の口座を持っていない場合

プロミスの契約機内の画像

平日15時以降の申し込みで上記の銀行口座を持っていない場合、即日借入したいなら街中にある契約機(無人契約機・ローン契約機)を使えばOKです。

 

政令指定都市の繁華街であればビルの1階や2階に入っていますし、地方であれば国道や幹線道路沿いにブースが設置されています。

 

ネットで申し込みをした後(※ここ重要です)、契約機での手続きを終わらせれば、すぐにカードを発行してくれるのでお金を即日借りる事が可能になります。

 

契約機に行く前にネット申し込みをした方がいい理由

契約機に直接出向いて申し込みをすることも出来ますが、審査が行われている間は席を外すことができません。つまり、約1時間ほどはブース内で待つ必要があります。
無駄な時間を過ごすことになるので、予めネット申し込みをしておいた方が効率的です。
ネット申し込み後、(できれば審査結果が出てから)契約機に行けば、最小限の手続きだけでカードが発行されるので、無駄な待ち時間がなく最速です。

 

50万円以下の借り入れ、又は他社との合計借入額が100万円以下の場合は、収入額を証明する書類が必要ないことから、気楽に借り入れができます。

 

外出しているときにクレジットカードではなく現金が必要になった場合、振り込みだと即日融資に間に合わない時でも契約機を利用すれば当日でもお金を借りる事が出来ます。

 

契約機で当日中に借りられるタイムリミット

アコムやプロミスと言った大手消費者金融カードローンでは、審査回答時間が21時までとなっています。

 

▼大手サービスの審査回答時間

アコム 9:00〜21:00
プロミス 9:00〜21:00
モビット 9:00〜21:00
アイフル 9:00〜21:00

 

▼大手サービスの契約機の営業時間

アコム 9:00〜21:00(一部21:30まで)
プロミス(※) 9:00〜22:00(一部21:00まで)
モビット 9:00〜21:00
アイフル 9:00〜21:00(一部22:00まで)

※プロミスは三井住友銀行(SMBC)内のローン契約機も利用可能

 

上記の表を見て分かるように、夜に申し込んで当日中に借りたいならば、逆算して遅くても20時まで(理想は19時半)には申し込みを終えていないといけません。

 

カードさえ手に入れれば後は好きに借りられる!

カードローンは以下の画像のような「カード」をローン会社から発行してもらい、それを使ってお金を借りる仕組みです。(※最近はカードレスサービスも登場してきています)

 

プロミスのカード

 

銀行振り込みの場合は後日郵送で送られてきますが、契約機を利用する場合にはその場でカードが受け取れます。
契約機に併設されている事が多い金融会社直営ATMや提携コンビニATMにカードを挿入すれば、お金を引き出す(借りる)ことが可能です。

 

つまり、契約機を利用するのはカードを入手することが最大の目的です。

 

例えば昼休憩やちょっとした休み時間にスマホで申し込みを済ませておいて、数時間後に会社をちょっとだけ抜け出して契約機でカードを受け取る。
そうすれば、後はコンビニATMを利用すればいつでも好きな時間にお金を借りる事が出来るのです。

 

また、カードが郵送されると家族に怪しまれるリスクがある方は、自動契約機でカードを受け取ってしまえば、基本的に郵送物はなくなります。(返済遅延をすると郵送物が送られてくるので要注意!)

即日でお金を借りるなら絶対に外せないポイント

大金を持っている女性

即日でお金を借りたい場合、何も考えずに「最短30分審査のところに申し込めば直ぐに借してくれるんだろ?」と思っている方は要注意。

 

当日振込みの時間に間に合わなかったり、審査回答が翌日に回されたりと、申込から実際にお金を借りられるまでに時間が掛かってしまうケースも珍しくありません。

 

最短でお金を借りるにはスムーズに審査をしてもらう必要がありますが、その為に外せないポイントを2つご紹介します。

 

できるだけ少ない金額を借りる事

借りるお金の金額が大きくなれば金利負担も大きくなるだけでなく、審査に時間が掛かってしまいます。
5万円借りたい人・50万円借りたい人がいた場合、どちらの方が慎重な審査が必要なのか簡単に分かりますよね。

 

また、審査が早い消費者金融であっても収入証明書を提出するラインになると、例え返済能力が十分にあったとしても審査に余計な時間が掛かってしまう事も考えられます。(※消費者金融の場合、「50万円以上の借入」または「他社を含めた借入合計が100万円を超える場合」に、収入証明書の提出が求められます)

 

同時に複数のカードローンに申し込まない事

急いでお金を借りたいから、もしもの審査落ちリスクも考えて、同時にいくつもの業者に申し込んだ方が確実じゃないか?と思う人もいますが、それは絶対に止めましょう。

 

カードローンは審査結果に関わらず、申込みの事実が指定信用情報機関に記録されるようになっています。
その記録を金融業者は審査時に閲覧するので、複数の業者への申込みを発見されると業界内で「申し込みブラック」と呼ばれる要注意人物として警戒されます。

 

一般的に考えて、数時間の間にいくつもの金融業者へ申し込みをするのは、相当お金に困窮している事が容易に想像できますよね。

 

担保と保証人も不要で、個人の信用力だけでお金をすぐに借りられるのがカードローンの最大の特徴です。
従って、普通にお金を借りたい人よりも明らかに即日の緊急性が高い場合、返済能力が本当にあるのか?と信用力を疑問視されてしまいます。

 

急いでお金を借りたい場合でも、理想は1つのカードローンに申し込んで借りること。
どうしても保険をかけたいのであれば、2社までと覚えておいてください。

意外な盲点。キャッシング機能付きのクレジットカード

クレジットカード

カードローンを利用したい時、恐らくほとんどが「今日中に現金が欲しい!」という状況ですよね。

 

そうした場合、大手消費者金融の即日融資カードローンに申し込むのが一般的な方法ですが、実は「即日発行可能でキャッシング枠が付いたクレジットカード」を利用してお金を借りる方法もあります。

 

しかしどのクレジットカードでも良いというわけではありません。99%のクレジットカードは発行までの審査に1〜2週間掛かるので、実際に受け取るまでに非常に時間が掛かります。

 

そこでアコムが発行しているACマスターカードを利用すると、即日発行に加えてキャッシング枠も予め付帯しているので、カードローンとしてお金を借りることが可能です。

 

ACマスターカードの特徴

クレジットカードとしても、カードローンとしても使えるACマスターカードは、年会費も無料です。

 

ACマスターカード

 

見た目はこのようなイメージになっており、ごく普通のクレジットカードと大きな違いはありません。

 

  • 年会費無料
  • 最短30分審査で即日発行
  • キャッシング機能付き
  • 国際ブランドMasterCard

 

こうした特長のあるACマスターカードを、カードローンの変わりに申し込む人も非常に多く、万が一の金欠用に財布に忍ばせておくと便利です。

 

アコム提携のATMからこのカードで現金を引き出すことができるので、コンビニでも使えます。(提携ATM:セブン銀行、ローソン、イーネット、ゼロバンク、イオン銀行)

 

ただし通常のアコムで即日借入を申し込むのと違い、ACマスターカードでは無利息期間が適用されない点には注意が必要です。

 

→ACマスターカードの詳しい解説を見る

更新履歴